人気の出版業界の気になる仕事内容【企画力が大切な職種】/The Job Provider
>トピックス>人気の出版業界の気になる仕事内容【企画力が大切な職種】

幅広い業務内容

出版社の業務は膨大になります。本を出版するには、多くの工程を経なければなりません。はじめは企画立案です。世の中のニーズにあうような内容を企画し検討していきます。企画は編集部員だけでなく、現場の営業からも提案されることもあります。営業は書店などを巡っているので、世間の動向に詳しいからです。企画が通ると著者を誰にするか決め執筆依頼をし、イラストレーターにも仕事を依頼します。原稿が上がってきたらそれらをまとめ、印刷会社に渡す入稿作業を行います。印刷会社によって組み立てられた誌面を、校正用紙に出力します。校正用紙に出力されたものを原稿と呼び、これを出版社に戻します。これを出稿作業と呼びます。出稿された原稿は著者や編集者が校正を行い、企画通りに仕上がっているかを確認します。これを何度か繰り返され、校了となります。そして印刷用の版が作られ、問題がなければ刷版されます。こうしてようやく本が完成するのです。

情報に敏感になる

出版社で働くためには、当然本が好きなひとが向いています。どんな本が売れそうなのか企画したり、立案するにはかなりの本を読みこんでおく必要があります。また、本好きなひとは情報発信の役割や、価値を理解しているので出版社での仕事にやりがいを感じるでしょう。本が売れるのは、その内容を人々が知りたいからです。世間の人々が興味を感じない本を出版しても本は売れません。本を売るには、世間では現在何が求められているかを知らなければなりません。どのようなニーズがあるかつねにアンテナをはって情報を集めておくことが大切です。また知識も必要です。専門書を扱う出版社なら、そのジャンルについて深い知識が必要となります。打ち合わせや編集の際、専門用語を理解できないと仕事にならないからです。多くのジャンルを出版している場合は、さほど深い知識は必要となりませんが、幅広い関心と知識が必要となります。